二人暮らしの食費は共働きだと平均4万円~6万円!減らすには自炊や買い物で工夫を

二人暮らしの食費は共働きだと平均4万円~6万円!減らすには自炊や買い物で工夫を 生活

二人暮らしの1ヶ月の食費は、共働きだと平均で4万円~6万円ほどです。

少しでも二人暮らしの食費を減らしたい場合は、協力し合って自炊を心がけるのがベストでしょう。

さらに節約するには、1週間分の食材をまとめ買いしたり、安い食材を活用したり、コンビニで買い物しないことがおすすめです。

くわしくご紹介します。

スポンサーリンク

二人暮らしの食費は共働きだと平均4万円~6万円

二人暮らしの食費は、共働きだと1ヶ月4万円~6万円が平均金額です。

4万円~6万円って、ちょっと差がありますね。

共働きだと、自炊するのが大変で外食したり、お惣菜を買ったりムラがあるので、月によって食費に幅があるのでしょう。

たしかに、仕事で忙しい月だと、疲れて食事を作る余裕がないこともありますもんね。

そして、ちょっと外食するとあっという間に数千円…。

(たまには外食もしたいですけどね)

食費を減らすにはなるべく自炊を

このように、外食をしたり出来合いのお惣菜を買ってきてしまうと、どうしても食費がかさみがちです。

しかし、二人暮らしの共働きでも、自炊を心がけると、食費は1ヶ月4万円程度に抑えることができます。

食費を抑えたい場合、ここ数ヶ月の食費をチェックして6万円前後になっているのなら、食生活を少し工夫して改善するのが良いでしょう。

我が家も共働きなんですが、やっぱり食費を少しでも抑えるためにも、外食を控えるようになんとか努力しています。

スポンサーリンク

二人暮らしの食費を4万円程度に抑える工夫

続いて、外食を減らす以外にできる、食費の節約術をご紹介します。

二人暮らしの食費を少しでも節約するには、安いスーパーなどで1週間分の食材をまとめ買いすること、安い食材を活用すること、コンビニで買い物しないことがおすすめです。

安いお店で1週間分の食材をまとめ買いする

我が家でも実践している、特におすすめな食費の節約方法は、休日に安いスーパーで1週間分の食材をまとめ買いすることです。

そうすれば、スーパーに行く頻度をかなり減らすことができます。

スーパーに行く回数が多いと、どうしても不要なものまで買ってしまいます。

そのため、スーパーへ行くのは週に1回だけに決めて、必要な食材だけを購入していくと良いですよ。

安い食材を活用する

鶏のひき肉や豆腐、油揚げ、納豆、こんにゃく、もやし、玉ねぎ、長ねぎ、じゃがいも、乾麺のスパゲッティなどは、比較的どこのスーパーでも安く購入できる食材です。

また冬場の白菜や大根、夏場のレタス、きゅうりなども安く買えることが多いですね。

これらの食材を活用すれば、かなり食費を抑えられます!

我が家でも、安い食材をフル活用しています。

ちなみにフルーツやデザート類なら、りんごやバナナ、プリンなどを買うのが良いでしょう。

コンビニでは買い物しない

コンビニで買い物をしてしまうと割高だし、ついつい新発売の商品に手が伸びてしまいがちなので絶対にNG!

コンビニでは食品類はもちろんのこと、飲み物類も買わないようにすると良いですよ。

食品類は安いスーパーで買うようにして、飲み物もスーパーかドラッグストアで買うようにするのが節約になります。

ちなみに、自販機で飲み物を買うのも控えることをおすすめします。

飲み物は職場に持って行く場合は、家で作って持参すると更に節約になりますよ。

スポンサーリンク

二人暮らしの食費(共働きの場合)まとめ

二人暮らしで共働きだと、食費はだいたい月に4万円~6万円ほど。

食費を4万円程度にするには、安いスーパーで1週間分の食材をまとめ買いしたり、安い食材を活用しましょう。

また、コンビニに行かないようにするだけでも、かなり節約になるのでおすすめです!

あとは自炊を心掛けるなどしていけば、食費をガクンと減らせるでしょう。

ストレスを溜めないように、二人で協力して節約を楽しめるくらいにできるといいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました